先週は東京・両国で開催されました「整理収納コンペティション2018」へ行ってきました。

全国の予選会を突破した、新人部門5名、プロフェッショナル部門4名の方々の白熱した研究発表は、非常に参考になります。
発表内容も多岐にわたります。
時代でしょうか、高齢者や職場をターゲットとしたものも増えてきました。
実用性があるかということも重要視された研究発表ですので、人生をより楽しくするためのヒントの宝庫です。

 

今回、2日間のコンペティションの中で、認定資格フォーラムと題した資格紹介と相談会の時間が設けられており、私は相談会の「整理収納アドバイザーBAVビジネスアシストバージョン」のブースにお立寄りくださった方々への対応をさせて頂きました。

 

この講座は、昨年7月にリリースされたばかりの職場の環境改善に関する講座です。

正直、まだまだ認知度は低い。しかし、世の中に会社というものが存在する限り、これからの時代には必要不可欠な内容であることは間違いありません。

この講座は、一昨年のコンペティションで優勝された、家村かおりさんが企画監修されたものです。

コンペティションがいかにレベルが高いものであるかは言わずもがな、ですね。

 

私は、昨年7月にBAVを受講し、大きな衝撃を受け、今ではこの講座の講師1期生としても活動しております。

BAVでは、経営者の決断が部下の心に火を点ける、と考えます。

 

私自身の経験の中で、「社長が(職場の環境改善の)必要性を感じて、まずは社長が動いてくれなかったら絶対にうまくいかない」と感じています。実際、一定時期はうまくいったものの、頓挫してしまった辛い経験も体験済です。
一方、環境改善を通して、社員が主体的に動くようになった効果も体感しています。

より多くの人が「働くこと」を通して成長していけるよう、自分の人生を実りあるものとできるよう、BAVを通してお伝えできたらと思っています。

 

今年のコンペティションは終了しましたが、こちらに参加するには、整理収納アドバイザー3級以上の資格をお持ちの方が対象となります。
人生のヒントが盛りだくさんのイベント、先の話になってしまいますが、来年、是非多くの方々にご参加頂けたらと思っています。

 

BAVご受講者も参加対象になりますよ。
↓↓↓

整理収納アドバイザーBAV(ビジネスアシストバージョン)