職場のデスクや、ご自宅のデスク、キッチンカウンター周りなど、多くの場所で見かけるペン立て。

 

非常に便利なアイテムであるはずのペン立てですが、私は、ペン立ては諸刃の剣である、と考えています。ペン立てを使うことはあまりオススメしていないんです。

 

実際、法人さまのコンサルや個人さま宅のサポート作業など、多くの現場で見かけるペン立てのほとんどは整理されておらず、ごちゃごちゃです。

これじゃあ、ペンを取り出しづらくてしまいづらい。ストレスも溜まります。こういうちょっとしたことが積み重なって、大きな不便へと変化してしまうのです。

 

この記事では、ペン立てをおすすめしない理由や整理方法を紹介したいと思います。身の回りのどこかにペン立てを置いている方、必読です。

 

ペン立てをオススメしない理由

 

上の写真をご覧ください。たくさんのアイテムが刺さっています。

これは筆者の仕事デスクの上です。

ここしばらく、過密スケジュールでてんやわんやの状態でした。便利なはずのペン立てが次第に使い勝手が悪くなっていくのを実感しておりました。なぜなら、あれもこれも、「つい」突き刺してしまうから。

 

ここまで刺さってしまうと、必要なモノを取り出すためには探す必要があります。また、見つけてもスムーズに取り出せるとは限りません。

仕事の慌ただしさに比例し、ペン立ての中も徐々に増えていき、徐々にイライラも募っていきました。

 

ペン立てをオススメしない理由。

ペン立てには「つい」軽い気持ちでモノを突き刺してしまうからです。

そして、それで「片づけたつもり」になれてしまうからです。

 

大して使わないモノや複数の同じアイテムを突き刺してしまい、ペン立てという花瓶がいびつな花たちで満開の状態に…。

使い勝手が良い場所に置いていた使い勝手の良いはずのペン立てが、時の経過とともに、使い勝手が悪いアイテムに変化してしまうのです。

 

ペン立ては、「『◯◯と××を入れる』と決めたら、そのアイテム以外には絶対に入れない」「◯◯というアイテムだからといって同じアイテムを増やさない」という強い覚悟がある人だけが、便利に使いこなせるアイテムなのです。

 

ペン立ての整理法

いびつな花の咲いたようなペン立て、どうしたらよいのでしょうか?整理法はいたって簡単です。

まずは、ペン立てに刺さっていたモノを全て出します。

 

 

筆者のペン立てには、以下のものが刺さっていました。

  • シャープペンシル×4
  • ボールペン×3
  • 蛍光ペン×3
  • カッター
  • ハサミ
  • 赤マジック
  • 黒マジック
  • 製図用消しゴム
  • 油性ペン×2
  • ものさし

これらは決してインク切れなどで使えなくなっているわけではないので、「使おうと思えば使える」アイテムですし、実際に使っています。しかし、使用頻度は決して高くありません。

筆者の場合、外出先に筆記用具を持参することもありますので、この他にペンケースを使っています。そちらには、日常使いのボールペンやシャープペンシルなどを入れています。デスクで仕事をする時にも、ペンケースをメインで使っています。

つまり、ペン立てに刺さっているアイテムは、それぞれの仕事でたまに使う程度。整理収納のプロである筆者であっても、日々の慌ただしさによってペン立てに花が咲いてしまうのです。

 

整理法はいたって簡単。「使っている」「使っていない」で分けます。

 

この時、「たまに使っている」は除外することをオススメします。なぜなら、たまに使うアイテムがたくさんある場合、結果的に出しづらくてしまいづらい状態になってしまい、ストレスを感じるから。

ここでいう「たまに」という使用頻度は各自で考えてください。「出し入れがしやすい」と「別場所に保管して取りに行く手間」。この2つを天秤にかけ、どの程度だったら自分の中でOKレベルなのかを考えます。

 

整理収納では、自分で考えて判断を下す(選択をする)ことがマストです。

 

筆者のデスクのペン立ては、このように本来のあるべき姿に戻りました。これが基本型です。

  • ハサミ
  • カッター
  • 赤マジック
  • 黒マジック

これら4アイテムは、ペンケースに入れる(持ち運びする)ほどには使用頻度は高くありませんが、とっさの時にはないと困るアイテムたち。その「とっさの時」は事務作業時に結構頻繁にやってきます。

これなら、取り出すのも簡単でストレスが溜まりません。

 

 

ペン立てに入れなかったモノの置き場所

さて、ペン立てに漫然と刺してあったその他のアイテム、どうすればよいのでしょうか?

別の場所で保管します。保管の際には、2つの考え方でモノを整理します。

 

保管は2つの考え方をする

一つは、普段使いのモノがお役目を終えた際に登場する、控え(ストック)のアイテム。当分使う予定はないものです。もう一つは、普段使いのモノだけど使用頻度が少ないアイテム

これらをまとめて収納してしまうと、使用頻度が少ないアイテムを取り出す際、取り出しづらくなってしまいますし、間違って新品(ストック)の方から使ってしまうかもしれません。ですから、分けて保管します。

当分使う予定のないストック品は、多少不便な場所に保管していても問題ありません。一方、使用頻度が少ないアイテムは、いわゆるスタンバイ状態ですので、手間をかけずに取り出せる場所に保管しましょう。

 

・保管場所:職場の場合

ストック品は、共有備品の置き場所へ。

使用頻度が少ないアイテムは、袖机の小引出しに入れておけば良いでしょう。

・保管場所:家庭の場合

ストック品は、納戸や、棚の上段など取り出すのが多少不便な場所でも問題ありません。

使用頻度が少ないアイテムは、棚や引出しの中に保管しましょう。ノーアクションで出し入れができる必要はありません。

 

ペン立てを使うなら、日頃から気をつけておくべきこと

ペン立てが諸刃の剣である理由はお分かりいただけたでしょうか。

一見便利そうに見える魅惑の品ですが、片づけや整理整頓が苦手だと思う人がペン立てを使うなら、定期的な見直しの日を設けることです。見直しの日時を決めておくのも良いでしょうし、ペン立てから出し入れするとイラッと感じるようになったら、でも良いでしょう。

 

ですが、

そもそも使うことを止めてみる

のはいかがでしょうか。

 

「あると便利」という言葉は、「なくても何とかなる」と言い換えることができます。ペン立てなし生活、慣れるまでは不便に感じるかもしれませんが、最終的には圧倒的にラクを感じることができますよ。

 

※デスクの書類や文房具の整理法もまとめました。よろしければこちらの記事もお読みください。

【デスクの整理】書類・文房具を整理する方法